沿革

長い歴史の中で、日々
まちづくりで繋がる明日を描き人と未来に繋がるものづくりを大切にしています。

株式会社河北は、昭和23年の創業以来、道や橋、建物など町に必要なあらゆるものを作ってきました。
徹底した品質管理の高品質な生コンの製造や継承された土木技術を通して、
「住む人、使う人、関係する全ての人に安心と安全を。」
それこそが、日々の暮らしを支え、未来に繋がるものづくりだと考えています。








昭和23年4月 都野町において土建業を創業
昭和25年10月 建設業法が定められ、河北工務店を創設
昭和40年1月 有限会社河北工務店を設立。代表取締役に河北幸夫就任
昭和52年6月 有限会社から株式会社に組織変更
昭和52年9月 生コンクリート・二次製品製造販売業として株式会社河北工業を設立
昭和54年10月 新社屋を新築し、本社を現在の都農町大字河北4884番地に移転
平成元年5月 河北ビルを施工(宮崎市橘通り)賃貸ビル業を開始
平成4年2月 代表取締役に河北宏介就任
平成7年6月 携帯電話販売業として有限会社カワキタ通信サービスを設立
平成13年4月 株式会社河北工務店を株式会社河北に社名変更
平成22年12月 株式会社河北工業の営業権を株式会社河北が取得
平成29年10月 アパート「フェリス河北」(都農町)竣工
平成30年3月 アパート「ロザージュ神宮」(宮崎市)竣工
経営方針

基本理念

「安全第一」、「堅実経営」、「向上への追求」、「顧客から信頼」を基本理念と し、郷土と共に成長し続ける未来ある会社創造を目指して「社員一致団結」 を根幹に社会資本整備に貢献する。

労働安全衛生方針

「安全が最優先」をスローガンに掲げ、社員一人一人が家族のため自分のために安全に対する工夫や対策を講じることで無事故無災害及び快適な職場環境を構築する。

環境方針

地域との共存を柱に環境への配慮を徹底し、周辺への汚染防止を徹底し住民 が安心して暮らせるような信頼ある企業となる。

品質方針

「品質への追求」を常に考え、顧客からの信頼を得るための努力を惜しまず、 創意工夫、技術向上を会社が一致団結して取り組み、質の高いサービスの提供をする。

人材育成の基本方針・目標

「人財は宝」
企業が成長する上で人財の育成は最も大事なものである。社員の全てに成長 の機会を与え常に目標を持ち切磋琢磨する環境を持った企業となる。
<目標>

  • 仕事にはプライドを持ち他者に負けない技術を磨け
  • 成長するために己を知り己の限界に挑戦せよ
  • 他者への育成は己の育成でもある
作成日:2017年8月18日
改訂:2019年4月22日
会社概要

商号 株式会社 河 北
代表者 代表取締役 河野宏介
本社住所 宮崎県児湯郡都農町大字川北4884番地
設立年月日 昭和25年10月1日
事業内容 土木・建築請負業
舗装、水道施設工事請負業
生コンの製造販売
不動産業(不動産賃貸業、不動産管理業)
資本金 20,000,000円
電話番号 0983-25-0130
FAX番号 0983-25-0141
建設業許可 (特定)土木 建築 とび・土工 舗装 水道施設 解体
宮崎県知事許可第760号
従業員数 40名

主要取引先

国土交通省、農林水産省、宮崎県、都農町、九州電力株式会社、九州旅客鉄道株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、宮崎銀行、宮崎太陽銀行、高鍋信用金庫

取引銀行

宮崎銀行、鹿児島銀行、宮崎太陽銀行、高鍋信用金庫

その他

労働安全衛生マネジメントシステム
ISO45001:2018 登録番号R0065
2020年8月21日認証登録
環 境 マネジメントシステム
ISO14001:2015 登録番号E1602
2010年8月30日認証登録

【登録範囲・適用範囲】
(労働安全衛生、環境)土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、舗装工事業、水道施設工事業、 解体工事業、生コンの製造販売

品質マネジメントシステム
ISO9001:2015 登録番号Q4051
2018年7月17日認証登録

【登録範囲・適用範囲】
(品質)土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業、舗装工事業、水道施設工事業、解体工事業